はげ 原因

はげてきたと感じたら、まずは原因を探って!

睡眠不足ははげの原因

 

最近はげてきたな…と感じたら、原因を探ってみましょう。
はげてきた原因を知り、そのための対策を考えることが重要になってくるからです。

 

まず、はげや薄毛の原因のひとつに睡眠不足が考えられます。
最近、ちゃんと睡眠できていますか?
髪の毛が成長するためには、副交感神経が活発になる夜10時〜午前2時に睡眠をとっていることが重要だといわれています。
必ずしもこの時間、というわけにはいかなくとも、少しでも早く寝る生活習慣を身につけたいものです。

 

次に、過度なストレスを感じている生活を送っていませんか?
個人差はありますが、はげや薄毛がストレスによるものであれば、これを改善するだけで一気に治ることもあるようです。
いきなりストレスフリーな生活に切り替えることは難しいかもしれませんが、少しでもストレスから離れた生活を送れるようにすることが大切になってきます。

 

さらに、髪の毛は正しく洗えていますか?
適当に洗ったり、逆に力を入れて洗いすぎていませんか?

正しい方法で髪の毛を洗う

頭皮に不必要な皮脂が残っているのも、また皮脂が無さすぎる環境も、また爪を立てるように力強く洗うのも、頭皮に傷があるのも、はげや薄毛を招く結果になってしまいます。
髪の毛は指の腹を使ってマッサージするように洗います。
必要に応じて育毛シャンプーを使うと、頭皮に優しく髪を洗い上げることができます。

 

いかがでしょうか。
原因と対策は大きく異なってきます。
ですから、まずははげてきた原因をきちんと知るように自分の生活を思い返してみてください。

はげてきた原因は遺伝?遺伝じゃない?

はげは遺伝が原因?

 

はげと遺伝の関係はご存知ですか?
最近はげてきたのは遺伝のせいだ、と思っている方が非常に多いようですが、実ははげと遺伝に関しては諸説紛々、遺伝説と遺伝ではない説のどちらも存在するのです。
ただ、どちらにせよ、はげの原因を遺伝で片付けてしまうと、もしかしたら打てる対策があるかもしれないのに諦めてしまう原因にもなりかねません。

 

はげの原因が遺伝であってもそうでなかったとしても、できる限りの対策は打っておきたいものですよね。
はげと遺伝の関係に、生活習慣が似てくるからという考え方もあるようです。
これは、はげている親の姿を見て育った自分も、いつのまにか親と似たような生活習慣が身についていることで「はげが遺伝した」と思ってしまうような、いわゆる錯覚のような感覚になってしまうことです。

 

生活習慣の乱れは、もちろんはげや薄毛につながります。

生活習慣の乱れははげに繋がる

しかし、仮にはげている親が規則正しい生活を送っていて、自分もそんな正しい生活習慣が身についていたとしても、はげている親を見て育っていることで「自分もはげた(またははげる)」と思ってしまうことが多々あるようです。

 

ただ、はっきりいえることは、「必ず」ではないということ。
遺伝したとしても「はげやすいかはげにくいか」ということだけで、はげやすい家系であったとしても必ずはげるわけではないということです。

 

それに、はげは生活習慣の見直しやきちんと頭皮を洗うことでかなり解決できます。
遺伝かそうでないかよりも、普段の生活を規則正しく送ることに重きを置いたほうがいいかもしれませんね。